輝け!未来の光育成委員会
Messages

事業方針

輝け!未来の光育成委員会

委員長 伊藤 正樹

現代のビジネススタイルや生活スタイルは、急速なテクノロジーの進化により目まぐるしく変化しています。総合研究企業の発表では今後20年までに雇用者の約47%の仕事が自動化され、雇用者数は240万人減る可能性が示される現代において、子供たちが未来に不安を抱かず、自信を持ち続けていくための後押しをしていく必要があります。

まずは、千葉ブロック協議会及び各地会員会議所と情報を共有するために、新年賀詞交歓会に参加することで、固定概念に囚われない新たな視点を模索し、より良い青少年事業構築への礎とします。そして、現代の豊かになった生活環境の原点を知るために、様々な物事のルーツからその本質を探り、その重要性を学ぶことで、当たり前の生活に対して感謝の心を育みます。さらに、新たな発想や切り口を見出す力を養うために、最先端技術を通して近未来に触れる体験により、視野を広げ感動を与えることで、今後の成長の糧とします。また、地域の子供たち一人ひとりの良い部分を引き出し、より輝かせて自信を深めてもらうために、一年間の集大成として地域に発信することで我々も現代の子供たちへの関わり方を学びます。

物事の原点と近未来の双方を体験する事で、利便性だけにとらわれず、好奇心や創造力を高め、時代の変化にも対応できる柔軟性を持った大人に成長します。そして、少子高齢化が進む地域社会において、極めて重要である青少年育成が未来の輝かしい地域社会を創造する光となるよう、本氣で挑戦いたします。

事業計画

  1. 18名以上の会員拡大の実施
  2. 新年賀詞交歓会への参加
  3. 物事の原点を探り近未来を体験する事業の実施
  4. 地域に発信する事業の実施
  5. 他の委員会活動への参加・協力