基本方針理事長 佐久間克利

恩に報い徳に謝す。私がこの青年会議所活動で得た多くの出会い、多くの学びに感謝し、受けた恩に対して自分のできる限りのことをひとりでも多くの同志に伝え、そして生まれ育った地域(まち)には還元していきたいと考えます。そのための活動を行ってまいります。

姉妹交流

2014年、一般社団法人八日市場青年会議所は鳳山国際青年商会との姉妹交流45周年を迎えます。現在台湾とは国家間での交流はありませんが、我々は創立46年の歴史の中で45年を共にあゆみ、時代の変化と共に姿形は変わっても、これから先も変わることのない人と人との交流は続いていきます。周年となる今年も多くの出会いと、さらなる交流を深めて意義ある姉妹交流を目指し、記念式典や交流事業を実施致します。

会員拡大

昨今の人口減少は我々の会員数減少にも無関係とは言えません。そして、人口拡大とその地域の活性化が比例するように、会員数が停滞し、一部のメンバーだけが目立つような団体では先が見えてしまいます。会員拡大とは同じ価値観の仲間をこの地域に増やすことで活気に満ち溢れる地域になるための一歩となると考えます。今年は例年以上に力を入れて会員拡大を最優先に行い、多くの同志を増やすための活動を行います。

JCでしか出来ないこと

効率よく結果や利益を求めるあまり、そこに至るまでの過程を軽視した結果主義や自己本位な考えや振る舞いによる無関心、他者依存が多く見られる希薄な現代社会において、結果よりも過程を大切にし、これだけの深い関係を築ける団体はないと考えます。他の類似団体ではなく、八日市場JCでしか出来ないことを今一度考え、有意義な活動を行います。

子供達のために

子供達の成長は環境により左右されると考えます。子供達が将来大人になる際に手本となるべき我々世代が手本となり得てない現在、それが子供達に投影されているのではないでしょうか?我々が今一度、自らの言動を振り返り、必要に応じて改善する柔軟さが必要だと考えます。我々は多くの人の支えの中で自分が生きていることを認識し、日々成長する子供達と同じ目線に立ち、且つ率先垂範して行動し、学校や家庭では学べない、共に学べる青少年育成事業を行います。

事業計画

  • 1. 鳳山国際青年商会との姉妹交流45周年記念式典の実施
  • 2. 10名以上の会員拡大の実施
  • 3. 青少年育成事業の実施
  • 4. JCでしか出来ない例会の実施
  • 5. 継続事業の実施
  • 6. 被災地支援の実施
  • 7. 他LOM・他団体との積極的な交流
  • 8. 千葉ブロック協議会や関東地区協議会との連携及び参画
委員長所信
サイドメニュー